緑黄色フィットネス

ダイエット初心者・音無りでるのボディメイクブログ

筋トレをする意味を見失わないで

夏とは思えない気温になったりして風邪を引かないように気をつけたいですね。


でも数週間もすれば梅雨も明け、真夏がやってきます。


その為に筋トレを最近始めた、という方も多いんじゃないでしょうか。


理由は千差万別だと思いますが、ほとんどの方は
筋肉をつけて見せつけられるような身体を手に入れたい

とか

筋肉を増やして痩せやすい身体を作りたい

というような理由が多いと思います。


筋トレで筋肉をつけるには、長期戦を見越して行う必要があります。
数週間前から筋トレを始めた方は恐らく夏までには間に合わないこともあるでしょう。


いくら筋トレ、すなわちボディメイクが長期戦必須とわかろうが、
その日その日結果がなにしらか目に見えないと
筋トレしても意味ないんじゃないか?という考えがよぎったりします。
当然、僕も過ぎりました。というか常に過ってるくらいです。


どうして続けられるのかといえば、
自分がどうして筋トレをしているのか、目標がなんなのかをしっかり設定してるからなんじゃないかと思います。


今回は、そんな筋トレをはじめて間もない方に、
筋トレをする理由、意味を今一度、改めて知ってもらおうという記事です。
もう初心者を脱したトレーニーにはつまらない話になるかもしれませんが、
今迷走してるな、と思ってる方がいらっしゃるなら
少しでも参考になれば嬉しいです。

筋トレを始めたきっかけは何ですか?


恐らく、というかだいたいの人は


筋肉をつけるため


痩せるため


と考えたから筋トレを始めたんだと思います。

ちなみに僕は痩せて、そして筋肉をつけていい身体を手に入れたいという理由ではじめました。贅沢か。


そのためにインターネットや本や動画の色んな手を使って
どうすれば効率よく筋肉がつけられるか、とか
どこを鍛えるのが脂肪燃焼にいいんだ、とか
調べながらやってる方が多いと思います。


パーソナルトレーナーをつけて最短距離でボディメイクをする!という方も少なくないと思います。
お金と時間に余裕がかなりあれば僕も付けたいくらいですが
現代人はそれどころじゃない人が多い。


だから、色々調べながらとはいえ、
ほとんど自己流のなかで筋トレをしている方が多いです。
そして色々調べていくにつれて、ボディメイクのことより
知識をインターネットでつけるが優先になってしまって
疲れて最終的には筋トレをやめてしまう。という方もいたりするんじゃないでしょうか。


ダイエットの食事も同じことが言えますが、
広大なインターネットでの情報収集はかなり脳が疲れます。
調べれば調べるほど、あれは本当じゃない、これはエビデンスがないから嘘だ、という風に何が正解なのかわからなくなってきます。


筋トレという文化も結構歴史があるので、情報なんてのは
年々、月々で正解不正解が簡単にひっくり返ります。
人体に関することなので、調べ方によっても効果が360度かわったりします。


そこで大事になってくるのが、その時自分が正しいと思ったことを
信じて脇目も振らずに行動すること
です。
そしてその行動に結果が伴ったか伴ってないかで行動を変えることが必要です。


効果が出なければ間違ってるとわかりますが、
正直人の身体もその人それぞれ。正解なんて一つじゃありません。
正直何事も試してみないとわかりません。


なのでこれはいいかも!と思った筋トレ方法や食事方法が見つかったなら
寄り道せずまずそれがちゃんと効果があるのか3ヶ月くらい試してみるということが必要です。

筋トレは手段である


そこで色んな筋トレのやり方を試すと思うのですが、
前提として、忘れないでほしいことが一つ。


筋トレは目的じゃなくて手段であること。
筋肉をつける、痩せるための手段だということを
絶対に忘れずに筋トレをした方がいいと思います。


筋トレをすることが目的にならないようにだけ
気をつけるようにしたいですね。
ぼくもよくありますが、今日は筋トレできなかったから絶対痩せられない
みたいな脅迫概念みたいなのが生まれるんですけど、
そういう考え方だと、嫌でも続かなくなる。


出来なかった自分がフラッシュバックして
どんどん引きずって結局もうずっとやらない、みたいな
悪い流れが出来てしまいます。


そうじゃなくて、今日は出来なかったから明日やろっかなー
今週は忙しいから筋トレ出来ないかもだけどいっかーっていう
軽い思考で筋トレに対して向き合うと、なんだかんだで
続いていって結果的に良い方向へ向かう流れが作れるんじゃないかなと
自分の経験則で感じました。

なにが言いたいかというと


もうなんかまとまらなくなったので無理やりまとめますと


何事も気負いすぎないこと。
筋トレが1週間2週間出来なかったからって自分を責めないこと。
筋トレ出来た、いい食事が摂れた、みたいな
イイことをした自分を褒め続けること。


が筋肉をつけるにしても痩せるにしても大事だということ。
出来ないことは別に悪いことじゃない。
ただ色んな知識を蓄えたところで行動ができなければ何もしてないと同じ。
まずは行動を起こすこと。


無理はせず、のんびり続けられるような環境づくり。
これを基盤としてボディメイク生活を送っていきたいですね。