緑黄色フィットネス

ダイエット初心者・音無りでるのボディメイクブログ

【減量日記】まさかのいきなり減量中止!?

どうも、絶賛減量中だった音無りでるです。


せっかくだし、これから減量日記をつけてみようかなと
思った矢先でした。事件です。嘘です。


家庭環境の色んな条件を加味して、減量自体一旦中止という形で
やってこうかなと思った次第でございます。

なぜ中止するのか


肩こりの記事でも書きましたが、
嫁がひどい肩こりに会い、私生活は割と戦争の日々。
otonashi-rider-fit.hatenablog.com
さらに子どもが保育園から見事に貰ってきた手足口病という
夏風邪をまさか嫁も貰うという事態に。事件でした。


現状、音無家でまだまともにいられてるのは
僕と飼っているワンちゃんのみ。
ここで倒れたら音無家は全滅です。一番最悪なパターンです。


減量をしていますと、1日のカロリー摂取量が1700kcalを基本下回る
ように立ち回っている状態でございましてね。
これが明らかに足りてないんですね。基礎代謝には。
当たり前ですが、栄養なんて体に行き渡るようなそう簡単には食事なんて摂れません。


正直子どもの面倒をずっと見てると、
食事もまともに作れる状況がほとんどないので(特に朝)
手軽に食べられるものを冷蔵庫にあるものを口に放り込んだりが精一杯な状態です。
嫁の状態も気にしながらだと余計体力を消耗します。


PFCバランスの計算なんてもってのほか。
カロリー計算も同じくままならないので
そこで、計算ができる余裕がないなら、まともな計算は一旦
やめようという結論に至ったというわけです。

今後の動き


嫁の状態が完全に戻るまでは、
ある程度基礎代謝を下回るような食事をしないようにして
かつ思いっきりあげるようなことをしないような食生活をするつもりです。
多少摂取カロリーがプラスという状態を作ります。


そこで目標としていた、減量を8月で終わらせるというのも一旦なし。
なぜ8月かというと、減量開始月が2月でちょうど半年だから。
本当のゴールは一年後の来年の2月です。


筋トレも代謝が落ちるので本当に余裕があるときだけにするつもりです。
代謝を落として手足口病が感染っても困るし。
仕事もかなり忙しくて毎日ぐったりして帰ってるのでそれも加味して。


家でのダンベルトレをメインに軽くやるくらいでやっていきます。


タンパク質の量は体重×2gは維持するつもりなので
めっきり筋肉が減ることもないと思います。


一応目安で、炭水化物を多めに採るような食事生活をしていく予定です。
基本パッと食べられるものといえば、おにぎりやパンだったりするので
ここら辺を中心に食して行く予定です。


脂質はできるなら最低限の量でいきたいところですが
ここは流れで避けられそうな時は避ける、という風に食べる感じで行きます。
何も考えずに食べると、ほとんどが炭水化物と脂質な組み合わせなのが
現代の怖いところですね。タンパク源が増えてきたとはいえ。

コンビニの弁当系やどんぶり系は大体炭水化物と脂質の塊ですからね。
物にもよっても変わりますが。


そんなわけで、今後はこういう感じで立ち回っていこうかなと考えております。


あ、あとは睡眠ですね。
食事も代謝には大きく関わってきますが、同じくらい大事なのが睡眠です。
人によっては睡眠の方が大事なんじゃないかと思うくらいです。


自分はちゃんと食べているのに代謝落として風邪をよく引いていました。
ここはそうならないようにしたいので気をつけます。

はじめてダイエットをする方へ


最初の方は、こんな感じで一旦やめるという選択肢があってもいいんじゃないかなと思います。


コンテストに出るんだ、という方はそうは行かないですが
これから健康的な体、無駄な脂肪がない体をとりあえず目材している方は
これぐらい軽い感じで考えながらダイエット、減量に進んでもらいたいなと思い
こんな感じで記事を書かせていただきました。


ダイエットはそんなすぐに結果が出るわけではありません。
同じく、太ることも、そんなたくさん食べてるからってすぐに結果が出るわけではないです。
痩せるよりは簡単な方は簡単かもしれませんが。
1日1000kcalオーバーするような食事を毎日続けてる、というわけでもなければ
そんなすぐに太ることは難しいので、
食べ過ぎた日があったとしても、焦らずまた次の日
ダイエット食に切り替える、というような気持ちで臨んでもらえればなと思います。


その分、ゴールまでの時間はかかりますが
かなり遠くなるというわけではありませんのでご心配なく。


ただその流れでリバウンドをするような食生活にだけは避けるべきです。
ここだけは何としても頭の片隅に置きながら立ち回って行きましょう。


僕と同じくらい、気楽な気持ちでダイエットをしてもらえたらなと思います。
そんな感じでこの記事が役に立てれば嬉しいです。